ピアス(ピアスは完全予約制とさせて頂いております)
pierce

ピアッシングとは ピアスを入れるピアスホールを耳たぶに開けることです。
耳たぶに穴を開けると一 時的に穴の内側には生キズが出来ます。
この穴の内側の生キズの表面が6-12ヶ月後にきれいな皮膚 で覆われてはじめてピアスホールが完成します。
当院では医療用のピアッシング器具を用いています。
これは滅菌済みですので安全ですし、痛みも少なく出血もほとんどありません。

ピアッシング時に注意することは?

  1. 最初に装着するピアスをファーストピアスと呼びます。
    開けたばかりのピアスホールをやさしく保護して、金属アレルギーにならないようにする為にファーストピアスの材質にも注意が必要です。
    金属アレルギー等がある方の場合はピアッシング前にお伝え下さい。
  2. ピアッシング後6週間は、ファーストピアスはつけたままにしてください。
    一度はずしてしまいますと、穴がふさがってしまったり、トラブルのもと(感染や金属アレルギー等)になりますので、ご注意下さい。
    ピアスホールが完成するまでの6-12ヶ月は細やかなお手入れが必要です。
  3. ピアッシング後数日は、多少痛みがあったり、皮膚の反応として耳たぶが少々腫れる事がありますが、徐々に落ち着いてきます。
  4. ピアスを触るときには、必ず清潔な手で扱ってください。
    ピアッシング当日から入浴は可能です。
    ピアスの部分にシャワーをかけても構いません。

    石鹸等も使用可能ですが、洗剤成分はシャワーで優しく洗い流してください。
    その後、水分をしっかりふき取ってから、消毒をします。
    (綿棒をお使いいただき、出来るだけ清潔を保ってください)
    消毒セットは当院で販売しておりますので、ご使用下さい。
    もし赤みや腫れ、痛み等が続く場合には、早めに当院にご連絡下さい。
  5. ファーストピアスは必ずつけたままお休み下さい。
    その際ピアスをひっかけないようにご注意下さい。
  6. プールで泳いだり、水の中に潜る様なことはピアッシングから1ヶ月は避けて下さい。
    また、サウナ等の高熱の環境は出来るだけ控えてください。
  7. ピアッシングから6週間たったら、ファーストピアスは一度はずしてみます。
    ファーストピアスのキャッチは硬めに設定されています。
    無理にはずそうとするとピアスホールを傷つけることもありますので、ご心配な方は御来院くだされば、こちらではずして調節させていただきます。

ページトップ